飲食店の苦悩の話

最近コロナの影響もありブログネタが少ない今日この頃です。

今日は私の知り合いのN社長のお話でも。

N社長は大阪市内で数店舗飲食店を経営していているのですが数年前に小さなビル(3階建)を購入していました。

購入後、ビルの2、3階を事務所にしており1階は購入以前から居酒屋が入居しておりましたが去年、1階部分に自社で飲食店を出す計画を立て入居している居酒屋オーナーへ退去のお願いに行ったそうですが全く話に応じてもらえず計画は中止になっていたそうです。

その際、N社長は立退き費用(迷惑料込)として居酒屋オーナーへかなりの金額を提示していました。

時は流れ先週、居酒屋オーナーから連絡が入り以下がその時の内容(あくまで聞いた話ですが・・・)だそうです。

居酒屋オーナー「去年の退去の話しだけど提示金額で退去しても良いよ。」

N社長「すでに別の場所で出店しているのでお断りします。」

居酒屋オーナー「半額でどう?」

N社長「コロナの影響もありますし、今のところ出店計画はございませんので」

居酒屋オーナー「実はうちもコロナの影響で経営が苦しくて、いくらだったら出せます?」

N社長「いえいえ、退去せずに家賃を頂く方が弊社としても助かりますので」

居酒屋オーナー「そうですか。それでは家賃を待ってもらえませんか?」

N社長「それは無理ですね。払えないのであれば退去してください。」

居酒屋オーナー「それは困る」

N社長「弊社も困ります。このまま家賃を頂くか退去するのであれば退去届けを書面で下さい。忙しいので電話切りますね。」

N社長は経営している飲食店の半数以上の営業を止めているみたいですが資金繰りには余裕があり今のところ大丈夫みたいです。
同じ飲食店を経営している身としては助けてあげたい気持ちもあるらしいです。

ただ去年の退去のお願いをした際に断られたことはしょうがないが居酒屋オーナーの態度がかなり横柄でかつ屈辱的な言葉を浴びせられたそうで、頭に来ていたとの事。

とは言えもう一度連絡があれば柔軟に対応してあげるつもりとの事でした。
(N社長やさしいです。)

本日はこのへんで!!

お気軽にお問い合わせください

築古物件の売却をお考えの方はもちろん、不動産の今の価値を知りたい方や、相続・入居者トラブル等でお悩みの方からのご相談も受け付けています。
査定・相談は無料です!