DIY貸家の査定

本日はブログに書くようなネタがないので本日は1年くらい前の査定の話です。

たしか弊社のHP経由だったと思います。

30代後半、男性のSさんからの買い取り査定依頼で東大阪市の貸家を調査に行ってきました。

この物件、Sさん数年前にオーナーチェンジで買っており1年前に退去があった後、再募集するにあたり本業の合間にご自身でコツコツとリフォームを行ったそうです。
しかし中々入居者が決まらないのでいい値段で売れるのなら、という事で査定依頼を受けた流れです。

室内を見せて頂きましたがリフォームの出来もプロの業者さんがやるリフォームと比べると、見劣りする仕上がりでした。

SさんはDIYの苦労を交えながら自画自賛で物件の説明をしてくれました。

加えて「1000万円以上なら売ってもいいですよ」の事。

その物件築50年で10坪ほどの物件です。(相場で言うと更地で坪30万くらいの場所です。)

Sさんには申し訳ないですが、その場で丁重にお断り致しました。
(その後、不動産の目利きがなってないとお叱りを受けました。)

先日、近くを通ったので寄ってみましたが未だに空室でした。

謄本も確認してみましたが所有者はSさんのままでした。

本日はこの辺で。

お気軽にお問い合わせください

築古物件の売却をお考えの方はもちろん、不動産の今の価値を知りたい方や、相続・入居者トラブル等でお悩みの方からのご相談も受け付けています。
査定・相談は無料です!